スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若田船長!

若田光一宇宙飛行士、
  日本人初のISSコマンダーとして長期滞在へ


http://www.sorae.jp/030603/4303.html

若田宇宙飛行士は、なんとなくですが、
みんなから好かれていそうなイメージです。
みんなというのは日本でもNASAでも。

確か、前に若田宇宙飛行士がNASAのどこかの部署の
部長に選ばれたニュースがあったかと思います。
今回、そんな若田部長はなんと若田船長にレベルアップです

ISSの船長って凄いですね。
あんなでっかい船の船長ですよ
といっても実はISSに参加している国で日本だけが今まで
船長を輩出していなかったらしいです。
念願だったわけですね。

好かれていそなイメージで書きましたが、
新聞かなにかで若田宇宙飛行士はJAXAの若手に声をかけて
飲みに連れて行ってくれるって書いてありました。
理想の上司ですね



スポンサーサイト

JAXA i クロージング特別イベント おまけ

お久しぶり過ぎて、広告ページができてしまいました。
すみません。こんにちは。

気づけば2月も半ば過ぎ。
JAXAiのクロージングイベントは昨年の12月。
今さらにも程がありますが、最後に書かねばと思っていたことが
あったような、なかったような、それすら曖昧ですが、
締めていなかったのでおまけを書かせて下さい。

ClosingEvent6.jpg

1時間のトークイベントが終了し、だんだんとお客さんがはけてきました。
でも、お客さんの出口へ向かう流れともう一つ、壇上に向かう流れがあるので何かなと思ってよくよく見ると、トークイベントのゲスト3人が記者に取り囲まれてインタビューを受けていました。
その様子を一般のお客さんが写真を撮ったりしていましたので、
僕も有名人3人を間近に見るチャンスだと思い、近づいて見ました。
話している声は聞こえませんでした、とても和やかな様子でした。

しばらくして、最後にもう一度JAXAiの展示場を覗いてみると、
そこはもの凄い大混雑。もはや入場禁止になっていました。
ClosingEvent8.jpg

後日新聞でJAXAi閉鎖の記事を読んでみると
上の写真の場所で館長挨拶なるものがあったみたいですが、
とてもじゃないですが、見られる状況ではなかったです。

全てが終了しても、多くの人が名残り惜しそうにその場にとどまっていて、僕も同じようにその場にいたのですが、どうやらJAXAの職員の方々は、会場が公共の場であることから無理に帰すことができずに若干困っている様子だったので帰ることにしました(笑)


下の写真は先月に撮ったJAXAiの入り口。
本当にクローズしてしまったんだと悲しくなりました。
ClosingEvent9.jpg

以上でレポを終わります。
長々と(文も更新期間も)すみませんでした。



JAXA i クロージング特別イベント レポ4

記憶もあやふやになってまりましたが、
クロージング特別イベントのレポートを続けます。

3人目のゲストはJAXAの立川敬二理事長
こりゃまた大物です。

さてさて、困ったことに残してあるメモに
ほとんど何も書いていないという(笑)
きっとあれです。コレのせいです ↓
ClosingEvent4.jpg
2人の写真を撮っていました!

唯一のメモにこんなことが書いてありました。
司会の寺門さんがJAXAの今年(2010年)について尋ねたときの
立川理事長の答えです。

「総合的にまあまあの年だった。」


はやぶさの成功があってJAXAもかなり注目されて評価された年だったと思っていただけに理事長の答えは意外でした。
前後の話を聞く印象だと、金星探査機あかつきの軌道投入失敗をだいぶ気にしているようでした。
謝罪までしていたので、はやぶさやみちびき、イカロスだって順調なのにあかつきの一件で全て台無しになったというように聞こえてしまいました。
それだけにこの世界のシビアさを感じました。

ClosingEvent5.jpg

3人のトークセッションが終わりましたが、
レポートもう少し続きます。
お付き合いください




JAXA i クロージング特別イベント レポ3

JAXAiが閉鎖になって2週間。
オアゾはどうなってるんでしょう?
今度覗いてみます。

さて、続き。

トークセッション2人目は川口淳一郎先生
はやぶさのプロジェクトマネージャーです

ClosingEvent3.jpg

もちろんお話ははやぶさについて。
まず、はやぶさの成果について川口先生は、
「大きな1ページをあけた」とおっしゃっていました。
地球外の星に着陸して、戻ってくるというのはリスクが高く、
どこの国でもためらいがあります。
しかし、日本は意思決定を明確に出し、プロジェクトに挑戦した。
この姿勢がプロジェクトを成功に導いたといいます。
また、はやぶさの運用で育った人たちが、
いまイカロスのプロジェクトで活躍しているんだと、
人材の育成についても力を入れているようでした。

JAXAiについて少し触れた部分があり、
川口先生は、はやぶさの成果がもう少し早く出ていれば、
JAXAiの仕分けの結果も変わっていたかもしれないと、
残念そうに話されていました。
…確かに、それはあり得ますね~。

温和な印象の川口先生。
ただ、なにか熱いものを感じました。
星出宇宙飛行士のように外側に向かうギラギラしたものとは違い、
内側にギュッと収縮させた力強いものを感じました。
まあ2人とも気持ちは地球の外側に向かってるわけですが(笑)

ちなみに川口先生、
2010年の東京証券取引所の大納会で手締めを行いました。
東証では毎年、その年の話題になった人物を呼ぶそうです。
2009年はゴルフの石川遼選手。
川口先生が「2010年・今年の人」に間違いありません



JAXA i クロージング特別イベント レポ2

昨年12月28日に行われた
JAXA i クロージング特別イベントのレポートの続きです。

いよいよトークセッションが始まりました。
始まるまで気づかなかったのですが、
このクロージングイベントで何をするのかについて心の準備を
全くしていませんでした(笑)
トークセッションということだけを聞いていて、
誰が出てくるかも予想していなかったので、
進行役の寺門さんが最初のゲストの名前を呼んだときは
本当にビックリしました。

1人目は、星出彰彦宇宙飛行士
現役宇宙飛行士です

ClosingEvent2.jpg

印象に残ったのはこうのとり(HTV)のお話。
無人の補給機がISSに向かって飛んでくるっていうことがどれだけ危険なことなのか、日本にそれができるのか、世界中からかなり注目されていたそうです。
ぶつかったらとんでもないことになります。ロボットアームを操作する人も最初は怖かったんじゃないないでしょうか。
普通、ロボットアームの操作では動いているものを掴む訓練を行うそうですが、HTVは止まっていたという評価を得たそうです。日本の技術力に世界中にアピールした瞬間でした。

その他にも、自分の訓練についてや新しい日本の宇宙飛行士3人の
訓練の状況についてなどのお話がありました。
スペースシャトルが退役になるのでロシア語の勉強をしているそうです。
JAXAiについて話すのかなと思ったらそうでもなく、
こういう普通(決して普通ではないが…)のお話でした。

続く。



プロフィール

きのひげ

Author:きのひげ
きのひげのブログへようこそ!

出身:銀河連邦に加盟する、
とある共和国。(←まじ)
好きな映画:ライトスタッフ
好きな漫画:プラネテス
好きな著書:タイタンの妖女
好きな宇宙飛行士:エドワード・ホワイト

いずれ宇宙に旅立つその日まで、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。